代替テキストの意味

現在のブラウザの機能では、画像の意味を解釈することはできない。そのためあらかじめ画像に対して説明「代替テキスト」を持たせておくことが必要である。こうすれば、音声ブラウザでHTML文書を読みこんだときに、画像を正しく理解して説明を読みあげることができる。

音声ブラウザとは、Webページのテキスト情報を読み取り、それを合成音声に変換することができるソフトウェアである。音声ブラウザは、Webの読みあげに特化しているため操作が簡単で機能が豊富である。もともと視覚障害者のために開発されたものだが、老眼や視力の弱い人が補助的に使うケースも増えている。だとすると、代替テキストは、このような利用者の立場になり、よく考えて記載する必要があるだろう。